育毛剤に女性育毛剤がある理由

育毛剤は大別しますと、メンズ、ユニセックス、レディース(女性育毛剤)があります。

 

この区分は何故あるかというと男女の肌には大きな違いがあるためです。

 

男性はその性を司るアンドロゲンによって分泌される皮脂の量が多く、筋肉量が高いのです。

 

逆に女性の皮膚はエストロゲン等女性ホルモンがあるために柔らかく、弾力があるものの、皮脂の分泌量が少なく傷つきやすいのです。

 

何故、筋肉量が女性育毛剤と関係があるのかと思った方も多いでしょう。

 

これは血流量と基礎代謝の問題です。

 

筋肉はブドウ糖を燃やして熱をエネルギーとして使います。

女性の薄毛は冷え性が関係?

女性の方が冷え症等が薄毛に関与していることが多いのです。

 

筋肉がつきやすい体質で少し絞りこんだら、身体の4割が筋肉という状態になりましたが冷え症が改善して抜け毛が少なくなりました。

 

冷えは生殖器、性ホルモンにも関与します。男性の生殖器はやや低温、そして女性の生殖器は温かい環境を好みます。

 

レディースでもそれ以外でも育毛剤の効果を出すには血流を動かすために冷やさないことが必要ですが、女性育毛剤の方が頭皮を温める成分が入った育毛剤が多いのです。

 

また、女性育毛剤の方が、パッケージデザインや香りが花の香りなどになっていることが多いのです。

 

これはイメージの問題ですね。

 

ともあれ、男女の区分がはっきりしているものは育毛剤でなくともご自分の身体の性にあったものを使うことをお勧めします。

 

男性物はきつくて脱毛を酷くすることがあります。