脱毛症に応じた女性育毛剤選びのコツ

一口に女性の薄毛と言っても種類が沢山あります。

女性の場合は年齢が上がると、びまん性脱毛症と言って性ホルモンであるエストロゲンが生殖機能の低下に伴って頭皮および、頭髪を保護できなくなってきたために起る脱毛症が起きます。

 

円形脱毛症は感情の表現ができない等の事情で、ストレスがたまってしまう若い女性に多いと言われています。

 

こうした脱毛症の種別によって必要な成分が違うため、女性育毛剤なら何でも同じということではありません。

育毛の基本的な構造は、髪を育てるために守り、栄養を与えるということにかわりはないのです。

 

ですが、髪にコシや艶があるか等を考えて選択する必要があります。

 

本来ならば、女性育毛剤はきちんと診断を受けて使った方がいいのです。

 

脱毛症は病気ですからね。

自分に合った女性育毛剤を簡単に知る方法

しかし、簡単に知る方法をお教えしましょう。

 

抜けてしまった毛を見てください。

 

根元の様子は如何でしょうか。

 

ふにゃふにゃした部分があった場合は、それがこれから育つ毛根であり、本当は生きているのに何かの理由で抜けてしまったと考えます。

 

ふけがついていることが多い場合は乾燥やアレルギー、ホルモンバランスの不調和が考えられます。

 

この場合は安易に皮脂を取る女性育毛剤は使用しない方がいいですね。

 

しっかりブラッシングをして頭皮の状態をよくして使いましょう。

 

ストレスがたまっている場合は疲れやすい人との付き合いを控えることも必要です。

 

あくまでも一般論ですが女性の方が集団で動くので対人ストレスで脱毛症になることが多いのです。