女性薄毛のメカニズムについて

育毛に関する言葉に発毛、育毛、養毛という言葉が出てきます。

 

言葉というのはいい加減なもので、女性育毛剤と呼ばれているものの中には、この区分があいまいになっているものがあります。

 

何故かというとメカニズムの基本は同じだからです。

 

発毛はとにかく毛が無い状態から毛を生やすことです。

 

本当につるつるだった場合はこれに該当します。

 

育毛は仮にうぶ毛があって育つ場合のことです。

 

そして、養毛は育った髪が抜けないようにするものです。

女性育毛剤の効果

女性育毛剤の場合、エストロゲンの関係で女性の頭髪が何もない状態になるのは円形脱毛症が治癒しなかった場合や細胞の損傷が激しい場合以外は稀なので、育毛という言葉が妥当だと言えます。

 

されど、言葉は違っても女性育毛剤そのほかは頭皮が本来持っている力を発揮させ、髪を伸ばすことを助けるものです。

 

私たちの頭髪は熱、紫外線、摩擦、乾燥などから頭部を守るために生えます。

 

頭をそのままにしていますと脳が熱で損傷してしまうのです。

 

高熱を出して42度から43度ほどになると損傷の危険性があるので、頭髪で夏の暑さを防ぎます。

 

今私たちが見ている髪は氷山のようなものです。

 

氷山は海面の下にも氷があります。

 

同じように頭髪も皮膚の下にある毛母細胞に毛細血管が栄養や酸素を運び、毛根という毛になる前のものを育てます。

 

女性育毛剤の基本はこの毛細血管が運ぶ栄養を多くし、髪や頭皮を守る構造になっています。

 

少し時間がかかる場合があるのが特徴ですね。