女性育毛剤の種類とは?

女性育毛剤を選ぶときに欠かせないのが薬事法の規定です。

 

女性育毛剤には医薬品、医薬部外品、化粧品の3種があります。

 

医薬品は処方薬と一般薬に分かれます。

 

処方薬は病院で医師が処方箋を書き、そして、薬剤師が調剤するものです。

 

一般薬は医師の処方が必要ない薬です。

 

日本ではリアップのレディース、ミノキシジル系のものが第一類医薬品として認可されています。

 

これは、薬剤師の説明が必要で注意文書の添付が義務付けられています。

 

副作用が他のものより出やすいものだからです。かゆみ、頭痛などが報告されています。

 

次に多いのが医薬部外品です。

 

薬ではないけれどそれなりに育毛に効果があると科学的に立証されているものです。

 

この場合は効果効能をある程度、書くことができます。

 

そして最後は、化粧品です。

 

ファンデーションなどと同じ扱いです。

 

大型スーパーや百貨店でも売ることができます。

通販で多い女性育毛剤とは?

通販なども薬事法の拘束が薄い医薬部外品や、化粧品の女性向け育毛剤の販売が多いです。

 

ここでお断りしますが、この区分はあくまでも、法律に則ったものです。

 

医薬品なら早く育毛できる、そして化粧品は意味がないということではありません。

 

また、医薬品は副作用が出るけれど他の女性用育毛剤は出ないということではありません。

 

人の身体の反応は様々なのです。そこは注意しましょう。

 

インターネットの情報サイト等で色々な情報を集めて自分の悩みにあった女性育毛剤を探しましょう。