女性育毛剤を使う場合にはシャンプーをちゃんとする

薄毛に悩む方の特徴、それはシャンプーが下手ということです。

 

雑、もしくは強くこすりすぎです。

 

私達の頭皮には良い働きをする菌と良くない働きをする菌がいます。

 

頭皮にはいい働きをする乳酸菌がいて、普段はそう悪さをしないけれどもよくない菌が集まると、自分も悪さをする日和見菌を抑え込んでいます。

 

しかし、シャンプーをしすぎますと、乳酸菌がいなくなってしまい、よくない菌だけが残って、ふけやかゆみが出ます。

 

女性育毛剤を使う時にももし頭皮に傷が残るような洗い方をしてしまうと、炎症が起きることがあります。

 

本当は、ワックスなどをつけない時は、軽くぬるま湯で流す程度にして1週間に3回ほどでいいのです。

女性育毛剤で育毛する時にはシャンプーを正しく使用する

女性育毛剤で育毛するときには、シャンプーを正しくすることが必要です。

 

皮脂を取りすぎないようにお湯は38度程度、そして手の平にシャンプーをとって泡立ててから、髪につけ指の腹と掌で頭をパーツごとに分けて撫でるように洗うことが大切です。

 

また、十分にすすぎます。

 

トリートメントは頭皮につけずにすすぎをやはりしっかりします。

 

油脂分などがあるのでレディースの育毛剤をつけるときの邪魔になったり、菌の繁殖が出たりして」しまうこともあります。

 

しっかり流すことが大切なのです。

 

洗い終わったら濡れたままでもいい女性育毛剤をつけるか髪の毛をタオルドライしてドライヤーで乾かして乾いた状態でつけるという流れになります。

 

しっかり流さないと女性育毛剤の成分が流れてアレルギーなどが起きてしまうので、どちらにせよ保護をしながら乾かしてください。