女性育毛剤の使用で肌に異変が起きていないか確認!

女性の育毛剤を使う時には、かゆみ、ふけ、抜け毛などが出ないか、頭皮にニキビや炎症が起きていないか確認してください。

 

アレルギーなどで皮膚に合わないことがまれにあります。

 

髪がもっと減っていく場合は、念のため皮膚科を受診した方が良いでしょう。

 

普段は合っている女性育毛剤でも、体調が良くない、使い方を間違えてしまったというようなことがあると肌荒れを起こすことがあります。

 

皮膚科に行くことは、他の意味もあります。

女性育毛剤が原因ではないことも!

女性育毛剤が要因ではないこともあるのです。

 

他のヘアケア剤やシャンプーが要因ということもありますし、皮膚病や虫や植物でかぶれることもあります。

 

必ず女性育毛剤が原因だということではないのです。

 

以前、肌が荒れて髪の毛が抜けると思ったら食物アレルギーが要因だったということがあります。

 

こういうこともありますので、強いかゆみや痛みが出たらお使いの女性育毛剤をもって、受診してください。

 

いつごろ使い始めたか、また症状に気が付いたのはいつか、過去に薬や化粧品そのほかでかぶれたことは無いか、医師に伝えましょう。

 

急にかゆみや痛みが女性育毛剤を塗った後に起きた時には、弱い流水で流してください。

 

かきむしったりしますと頭皮の状態が悪化して逆に薄毛が進んでしまうことがあります。

 

かゆみや痛みはとりあえず冷やすというのが定石なのです。

 

ただし、凍らせる保冷剤は凍傷の要因となるので注意してください。すぐに発見するのが良いのです。